眉下切開などの画期的美容整形で印象を明るくする

キレイな目の女性

話題の痩身術とは

頬を手でふれる女性

最近では、ダイエットでリバウンドを心配する方も多いですが、リバウンドを心配する必要のない痩身術があります。それがウルトラアクセントです。このページではこのウルトラアクセントについて紹介していきます。

目頭の厚い日本人

目をつぶる女性

目頭の厚みが他の人種よりも日本人は厚いという特徴があります。そのため、クリニックなどで目頭切開手術をすることで、目の厚みを少なくし、目の大きさやまぶたの形を変えるということが行なえます。

自分でケアする

金髪の女性

化粧品でセルフケアをすることで、目の下のたるみを解消することができるものが出てきているのです。それも、年齢を重ねると敏感肌になってくるので、そんな女性のために敏感肌の方でも使用することができるものがあります。

腫れが少ない

制服の女性

眉下切開手術は他の目元の手術に比べて腫れの少ない手術といえます。基本的に手術してすぐの状態の目元が仕上がりの状態です。手術の翌日には若干腫れを感じることもありますが、数日間で改善されることが多いです。傷跡の処理のために翌日に受診するクリニックもあります。抜糸は約1週間前後で行い、1ヵ月後と3ヵ月後に状態を確認することが一般的です。洗顔やメイクなどは手術の翌日から可能になります。シャワーも翌日から可能ですが、入浴に関しては腫れの状態により異なります。わからないことや不安なことは必ず医師に指示を仰ぐようにしてください。素人判断はせずに小さなことでも医師に相談することがトラブル回避に繋がると思います。

眉下切開手術はまぶたが腫れぼったい人や二重の幅を広くしたい人、目を大きくしたい人や額のシワを改善したい人などに向いています。特に上まぶたに余分な皮膚があり目を覆うようになると、視野が狭まり目つきが悪くなってしまいます。見えずらいために額の筋肉で眉毛をあげて少しでも見えやすいようにします。それにより額にシワができ眉毛と目の間が広くなってしまうこともあります。眉下切開手術をすると目が開きやすくなり自然と目も大きくなります。眉毛と目の間も狭まり凛としたイメージになります。額のシワも改善され若々しい印象にもなります。中には眉下切開手術をして頭痛や肩こりが緩和する人もいます。頭痛や肩こりは目と密接な関係にあるからではないかと思います。